源氏山 | otsuapp.code4sakai.org

現在地

源氏山

紫式部が石山寺において「源氏物語」を書いた伝承にちなんだもの。そのため、紫式部の十二単や、曳山全体が、平安の昔を偲ばせる造りとなっています。
所望は石山をかたどった岩の中から、潮汲み馬、御所車、かさ持ち、木履持ちなどが現れては消えていきます。回り舞台の原型であるといわれており、現存するものでは、全国で二番目に古いものです。俗に「紫式部山」とも呼ばれます。

源氏山は別名紫式部山ともいい、大津市石山寺や紫式部に因んだ装飾を持っている。資料によれば山の制作年代は享保三年(1718年)で、曳山の由来は石山寺で源氏物語を書いたという故事による。このことにより平安様式を意識したのか曳山下部に蔀(しとみ)を装い、その外部に和様高覧をめぐらしている。
上層部では柱上三ッ斗の斗?間(ときょうま)に近江に因んで近江八景を高肉彫の精巧な彫刻を入れ、唐破風下の妻飾り彫刻は浪に踊る龍が入っている。その外部に大きな桐に鳳凰の懸魚が飾られている。前後左右の装飾はそれぞれ同じではない。天井は四列七行に区分した格天井で「四季草花図」と呼ばれる図を写生風に描かれている。その後方角には銘があり「元治乙丑秋 玉峰」より江戸末期(1864年)作と考えられる。制作年代より150年後の江戸末期に大きい修理の記録があり、建築的細部も江戸末期とみられこの天井画もその頃描かれたのであろう。

源氏山は源氏物語を主題として全体が構成されている。主役は林孫之進作のからくりによる紫式部である。舞台は石山寺。回り舞台の形式を用い、物語の構想が現れては消える、紫式部の思考を具体的に見せるため、平安風の子人形たちを使って表現している。
また大津で行われる祭事にちなみ「近江八景」という題材とを融合するため、紫式部のからくりを囲むように近江八景の欄間が彫刻されている。しかしこの欄間に「石山の秋月」は刻印されていない。「七景」しかないのである。からくりに戻って考えると「源氏物語 須磨の巻」を構想している紫式部at石山寺 そのものが「石山の秋月」となっていることに気がつく。大津祭りは秋に行われる。これでやっと「八景」になる。よくできたコンセプトワークであるがこれを理解しているのは、この源氏山を作った人々のみであることを忘れてはならない。欄間の彫り物に「石山の秋月」が欠けているどころか、近江八景があることすら外からではわからない。何のためにそこまで凝るのか。
このからくりと欄間を長谷川玉峰の天井画「四季草花図」と胴幕の「草花図」でさらに引き立てている。
また源氏にちなんで、源氏香図をも採用している。これら「源氏」と「近江」をミックスし当時のテクノロジーを駆使したからくり人形をもってして、「源氏山」の完成となるのである。

曳山の名称ふりがな: 
げんじやま
町名: 
中京町   
創建された年: 
享保3年(1718)創建
その他: 
石山寺で源氏物語の想を練る紫式部と人形が岩間に出没する風景を林孫之進が享保3年に完成した。 それは紫式部人形を収めた箱のふたに制作年代と名があることからわかる。 林孫之進の銘のあるもっとも古い文書は従来、鯉山の鯉にある宝暦12年(1762)であった。ところが、新たに享保3年(1718)の林孫之進作の紫式部が発見された。 林孫之進の作風は鯉の滝登り、狸山の桜の精のエスカレータ工法、西王母山の桃から出現する桃太郎など、はなはだ奇想天外、いずれをとってみても、その発想の妙味は他の追随を許さない独特の境地が展開している。源氏山の岩間に出没する風流、人物、風物が立体のまま動く。しかも人物が消えると風景が変化する。この発想の風流は当代随一のものである。文字通り「からくり戯れ」の本領といえる。これは林孫之進の作風であることは万が一銘が無くとも孫之進の作であることは誰しも疑う余地のないことを念頭に置きたい。300年前に、この人形とこの機構が創作されたことは間違いないであろう。またこの3世紀の間に幾度も修復されたことであろう。現代の回り舞台式「扇」は回転軸にボールドナットを用いている。軸部分の材料と同時代とすれば大正末期のものであろう。式部人形は京都の田中弥で修復されたので頭は塗り直され、髪は人毛でなく絹毛にかえられたらしい。右手の身振りの仕掛けも取り替え修復されている。 顔は塗り直されているが林孫之進の作風である。このことは鯉山の貴人、桃山の西王母山などと、顔相が共通しているのでよくわかる。最後に扇の機構について特に注目しなければならない。 写真でもわかるように、山の蔵にこれが格納される際に、この扇に要があるので、扇のように綴じ込んで収められるので、この回り舞台を扇と呼んでいる理由がよくわかるし、この構造の特徴と、取り扱いの便利さがよくわかる。6本の輻(「や」と読み車輪のスポークを意味する)と輻の間にだけ布を貼止めている。そのため回り舞台と少しも変わらない効果が得られる。この処理方法に発送の絶妙さがある。やはり孫之進の発想であろう。 三世紀前の機構がそのまま残ることは難しい。古いままの復元であればその構造はそのまま伝承されるであろう。 山崎構成記「大津祭り総合調査報告書(9)源氏山 滋賀民族学会発行 1975年発行」より抜粋 また、同志社大学文学部教授 山田和人氏の「甦った曳山からくりー大津祭り源氏山の場合ー」の中で以下のように述べられている。 「人形浄瑠璃の舞台において展開されていた行列人形のからくりそのものを、あるいはそれをヒントにして源氏山のからくりを考案したものと推定される。元来、からくり師は山崎氏が想定されたような独創性を目指したものではなく、すでに考案されているからくりを新たな意匠で作り替えたり、別の要素を組み合わせることによって目新しい演出を工夫したりするところに、その腕前があったのである。その意味では、林孫之進は見事なからくり師であったと言えよう。」
からくりの説明: 
紫式部が石山寺において源氏物語を書いたという故事にちなむ。
ビーコン情報のパスエイリアス: 
beacon10003
画像: 
動画URL: 
https://www.youtube.com/embed/-hBF6N23EAE
音声ファイル: 
言語: 
区分: 

ユーザーログイン